外国為替証拠金取引の確定申告のいろはをご紹介!

>

確定申告をする前に

確定申告に必要な書類等

​確定申告にあたり、申告書を作成する上でどういったものを用意すべきか見ていきましょう。
まず、給与所得や退職所得、公的年金などが記載された源泉徴収票です。
それぞれの勤務先からもらってきてください。
次に、一年間での取り引きの損益が記録された書類です。
これはFXを行なっている事業所などから入手できるそうです。
あとは、確定申告書と印鑑ですね。

マイナンバーが導入されて様々なシステムが変化しています。
FXも例外でなく、新しく法整備されて従来は申告しなくても良かったケースでも、税務署への提出が義務化されたものもありますので、確定申告の時期になりましたら、しっかりと税務署や国税庁のホームページなどを閲覧して確認してください。

そのお金は必要経費かも!

​一口にFXを始めたと言っても、いろいろなところにお金がかかっていますよね。
パソコンの前に座っているだけで、お財布からお金がなくなっているわけではないので、あまり実感はないかもしれませんが、当然インターネットプロバイダなどの通信費がかかっています。
このように、FXにかかるお金を経費として利益から差し引くことができることもあるのです。
代表的な経費の種類をお伝えしますと、通信費、新聞や書籍、パソコン機材、事務用品、セミナー等受講費、セミナー会場までの交通費、各種手数料などが当てはまります。
つまり、これらの経費を引いた金額が純粋な利益額になるということですので、これらを加味して申告が必要かどうか確認してみてくださいね。


この記事をシェアする