外国為替証拠金取引の確定申告のいろはをご紹介!

>

FXってなに?Foreign Exchangeの意味とは

確定申告が不必要な人

​FXを行っていても、確定申告が必要のない方の条件をご紹介します。
まず、FXで利益を出すことができなかった方はもちろん必要ありません。
ただ、他の各種所得の申告がある場合は、もちろんそちらの申告をしっかり行なってくださいね。
専業主婦などの被扶養者やフリーター、その他収入がない人の場合は、年間のFXの利益を含む所得金額が三十八万円を超えなければ、確定申告の必要はありません。
気を付けなければいけないのが、FXの利益が三十八万円以下でも、その他の雑所得を足して三十八万円を超えれば確定申告しなければならないので、注意してください。
雑所得とは給与所得や事業所得以外の所得のことで、年金などもこれに含まれます。

確定申告が必要な人

​では次に、確定申告が必要な方の条件をご紹介します。
まず、給与所得者、つまり普通に働いている中でFXを行って利益を出し、なおかつ給与所得が二千万円を超える場合は確定申告が必要です。
ここで言う給与所得は一月一日から十二月三十一日までの一年間に得た給与、つまり年収を指しますが、二千万円を超えないならば、給与や退職金を除いた雑所得が二十万円を超えると確定申告しなければなりません。

なお、自営業や個人事業主の場合は基本的に申告が必要となりますが、FX取引を事業として行なっているなど、特殊な例は通常とは違う申告が必要かもしれませんので、確認する必要があります。
ちなみに、利益を出せなかった場合でも損失額を申告しておくと、来年に繰り越され、節税できるシステムもあるそうです。


この記事をシェアする